水素とビタミンCを徹底比較 水素風呂が良い理由

水素とビタミンCを徹底比較 水素風呂が良い理由

水素とビタミンCを徹底比較 水素風呂が良い理由

水素とビタミンCを徹底比較 水素風呂が良い理由水素とは、地球上でもっとも小さい分子の物質です。小さいとはいえ、さまざまな作用を持っています。

 

水素を取り入れることにより、「皮膚の炎症抑制、デトックス、シミやシワの改善、乾燥肌の改善、冷え性の改善や体温アップ、疲労回復、脂肪燃焼、血流促進」などなど。

 

さまざまな働きがある中で、もっとも優れているのが、”抗酸化作用”です。

 

抗酸化作用はアンチエイジングにもよく、体内の抗酸化酵素が加齢とともに減ることから、抗酸化成分の摂取がすすめられています。たとえば、紫外線やストレスなどによって発生した過剰な活性酸素を除去し、細胞などを守り体の健康状態から美容まで良い効果があります。

 

抗酸化作用のある成分といえば、水素よりも「ビタミンC」が有名ですよね。なぜ、ビタミンCではなく、今水素が注目を浴びているかというと、その威力の違いです!

 

水素とビタミンCを比較してみると、結論的には圧倒的に水素の方がばつぐんの抗酸化作用を持っています。

 

ビタミンCももちろん、体に必要不可欠な栄養素であり、抗酸化作用もしっかりとあります。しかし、吸収性などの面からみると、水素の方が優秀で効率よく抗酸化作用を得られます

 

ビタミンCは野菜などから摂れる栄養素で、身近な成分です。健康補助食品も出ていますし、食生活次第で毎日手軽に補えますが、単体では吸収率が良くないとされています。

 

摂取したビタミンCは、まず腸で吸収後、分解されます。そののち、血液にのって全身に運ばれるのですが、それまでのプロセスに時間がかかるため、抗酸化作用が発揮されるのも、遅くなります

 

一方、水素というのは分子が小さい分、体への吸収性がよく、ビタミンC以外の成分と比較しても体に浸透しやすい成分です。そのため、水素の方が抗酸化作用を実感しやすいとされています。

 

水素水でも体の中から抗酸化作用が起こりますが、効率よく水素の抗酸化作用を得るためには水素風呂がおすすめです。水素風呂の場合は、呼吸と肌から吸収されるため、より効果的に水素を取り込むことができるからです。

 

水分補給に水素水を取り入れると、もっと効率よく水素がとれます。ちなみに水素もビタミンCと同様に、時間とともに体外に排出(消費)されるので、こまめな補給が大切です。

▲TOP