水素風呂にかかる費用

水素風呂にかかる費用

水素風呂にかかる費用

水素風呂にかかる費用水素風呂の習慣は、さまざまなメリットがあります。

 

皮膚の炎症抑制や疲労回復、デトックス、脂肪燃焼、肩こりの改善、冷え性の改善、シミやくすみの改善、乾燥肌の改善、花粉症やアレルギー対策、関節炎対策などなど。

 

健康から美容まで、幅広い効果が期待できる水素風呂は、今話題沸騰中でトレンドになっています。

 

以前は水素水が話題になり人気が出ました。多くの方が利用していましたが、気になったけど試せなかったという方も多いかもしれません。その理由はきっと、費用の問題でしょう。

 

水素は気体であるため、ミネラルウォーターのようにペットボトルで販売できないことから、コストが高くなります。

 

では、水素風呂はいくらくらい費用がかかるのでしょうか。水素風呂は水素水を飲むことに比べても、効率よく水素を取り込むことができるため、効率よく水素の働きを得られます。

 

本題に入りますが、水素風呂の費用については、水素風呂を用意するためのアイテムによります。まず、水素風呂に入る方法には、スパや水素風呂の設備がある温泉施設を利用する方法です。

 

一度入ってもすぐ効果があらわれることもありますが、持続性はありません。継続的に水素風呂に入ろうと思うと、ハイペースで通わなくてはならないため、費用もかさみます。

 

一方で自宅で水素風呂を用意して入る方法ならコストが抑えられます。一般的に水素風呂のために必要なグッズとは、「水素発生器」です。主に充電式のものが多いです。

 

水素発生器はレンタルすることも可能で、メーカーによっても価格には違いがありますが、レンタルの月額は大体3,000円くらいからになっています。

 

その他の費用として電気代も気になるところですが、充電には大体1回2円くらいで済むことが多く、月額にしても40円〜50円程度におさまります。

 

水素水の場合は通常のペットボトルの水の2〜3倍の価格がしますから、水素水と比較しても、継続する前提になると水素風呂の方がコスト削減になります。

 

また、水素発生器の他に、水素入浴剤というグッズもあります。こちらは、一般的な入浴剤と同じくお湯に溶かすだけで水素風呂ができます。

 

入浴剤を入れて数十分で水素風呂にあります。電気代はかかりませんが、毎日継続するとなると、水素発生器を使用した方が費用がおさえられます

 

ちなみに水素発生器にもよりますが、メンテナンス不要タイプや機能充実した製品もあり、お風呂以外の用途で使う方法もあります。

▲TOP